地域の「はつがや」を目指して①

2015-09-11

ほほえみネットワーク竹城の事務所の改装して、早1年が過ぎました。

店先を通りかかる人からすると、「ここは、介護の店や」とイメージされやすいかもと思います。

そこで、「はつがや」の構想に至るまでの道のりをご紹介します。

私こと、土谷ですが、大阪教育大学を卒業いたしました。恥ずかしながら、大学は4年なのに、1年回り道をしました。けれど、この1年に、凝縮されたものがありました。

小学生の折から、恩師にあこがれ、学校の先生になりたいと思って、教育大学まで行ったのはいいのですが。

しかし、現役で教員養成に入ることが出来ず、浪人して、大学入学。それはゼロ免過程のコースでした。

ゼロ免コースって、何?要は、教員になるためのカリキュラムでないコースなのですね。

真面目に行ってれば、教員免許は取れたかもしれません。

卒後も、とっておきゃよかったな。。。なんて後悔後に絶たず。

しかし、私が思い描いた先生像は、現実できないな。と思ったのも確かでした。

(つづく)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Twitter

Copyright(c) 2014 株式会社 ほほえみネットワーク竹城 All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている情報(本文、写真など)には著作権があります。無断での転載・引用は禁止します。